夜泣きいつまで

赤ちゃんの夜泣きや寝ぐずりはいつからいつまで続くのか?

夜泣き対いつまで

 

「寝ぐずり」とは、赤ちゃんがベッドに入ってもぐずぐずしてなかなか寝付いてくれない状態のことです。

 

寝ぐずりが始めると今度は泣いてしまったり、ママも寝かし付けるだけで疲れてしまいますよね。

 

赤ちゃんの寝ぐずりはいつまで続き、どう対処すれば良いのでしょうか?

 

そこで今回は、赤ちゃんの夜泣き、寝ぐずりの期間、原因、対処法についてご紹介します。

 

赤ちゃんの寝ぐずりはいつまで続く?

 

赤ちゃんの寝ぐずりは平均して生後6ヶ月頃から始まり、1歳から2歳の頃に終わります。

 

赤ちゃんによって個人差があるので、寝ぐずりの時期が長い子もいれば、全くない場合もあります。

 

寝ぐずりの仕方も様々で、寝入るときにぐずる子もいれば、目覚めたときにぐずる子もいます。

 

いずれにしても赤ちゃんの寝ぐずりは必ず終わりますので、今辛い思いをしているママさんも心配しなくても大丈夫です。

 

ここからは、赤ちゃんの寝ぐずりの原因と対処法を見ていきましょう。

 

赤ちゃんの寝ぐずりの原因

 

赤ちゃんの寝ぐずりの原因はまだ医学的にはハッキリ解明していません。

 

しかし、赤ちゃんは体や脳の成長過程において、寝るまでに時間がかかり、寝ぐずりしやすいことが分かっています。

 

まず、赤ちゃんが寝ぐずりをする原因は、昼間に多くの経験をして興奮しすぎたことが挙げられます。

 

日中に景色モノ、人に出会って大きな刺激を受けたり、環境が大きく変わると、脳が処理しきれずに寝つけなくなるのです。

 

そして、赤ちゃんはまだ体内時計が備わっていないので、睡眠リズムが整っていません。

 

赤ちゃんは大人のように体内時計(24時間の周期)に合わせて朝起きて夜寝るという自動的な仕組みが備わっていないのです。

 

生後4〜5ヶ月頃には体内時計が備わってきて、昼と夜の感覚が身に付き、睡眠リズムが働くようになります。

 

その頃には寝ぐずりもある程度は治まっていきますが、2歳を過ぎても寝ぐずりがひどい場合もあります。

 

赤ちゃんの寝ぐずりに効果的な3つの対処法

 

赤ちゃんの寝ぐずりはどうやって対処すれば良いでしょうか?

 

では早速、今日からでもできる3つの対処法をご紹介します。

 

対処法その1.添い寝をして気持ちを落ち着かせる

 

赤ちゃんが一番リラックスするのはママのぬくもりなのです。

 

特に働いているママは赤ちゃんとのスキンシップが足りずに、寝ぐずりしてしまうケースもあります。

 

思いっきり甘えたい赤ちゃんには添い寝をしてあげて安心感を与えてあげると良いです。

 

抱っこをしてあげるだけでも気持ちが落ち着いて、寝ぐずりが治まることもあります。

 

添い寝をしてあげて赤ちゃんに触れているだけで赤ちゃんは安心して眠れるようになります。

 

対処法その2.昼間に思いっきり体を動かす

 

赤ちゃんも眠くないときは寝付きが悪くなり、寝ぐずりをしてしまいます。

 

昼間はなるべく広い公園や広場で思いっきり体を動かして、遊ばせてあげましょう。

 

しっかり運動をして体力を使えば、夜は自然と眠くなって、寝付きが良くなります。

 

天気の良い日は公園に出かけて日差しを浴びて、体を使ってたくさん遊ばせると寝ぐずり対策に効果的です。

 

昼間にたくさんお遊びすると、帰り道に眠くなってお昼寝時間が長くなり、夜眠れなくなって寝ぐずりするという逆効果になることもあるので、注意が必要です。

 

お昼寝のし過ぎも夜眠れなくなり、寝ぐずりの原因となるので、お昼寝の時間は調整することが大切です。

 

多くのパパとママは、赤ちゃんはたくさん寝たほうが良いと思って、お昼寝の時間は意識していない場合が多いです。

 

しかし、あまり昼間に寝すぎてしまうと、体内時計が備わるのが遅れて、睡眠リズムが上手く働かなくなるので注意が必要です。

 

お昼寝の適切な時間は個人差がありますが、15時から17時までに休ませれば、夜の寝ぐずりの改善に役立ちます。

 

昼寝の時間は適度にして、夜はいつも決まった時間に寝かし付けると寝ぐずりしなくなり、まとめて眠れるようになります。

 

対処法その3.寝る前に決まった音楽や行動をする

 

赤ちゃんや乳幼児は、まだ体内時計が備わっていないので、朝になったら目覚めて、夜になったら眠るという自然な睡眠リズムが働いていません。

 

そのため、寝ぐずりがひどい赤ちゃんには、体内時計が働いて夜は眠くなるように、寝る前には決まった行動をすると効果的です。

 

例えば、寝る前に子守唄のCDをかけたり、ハープやストリングなどのリラックス系のクラシック音楽をかけると、脳が睡眠に向かうようになります。

 

夜になったら毎日同じCDをかけて、繰り返して行動することで、赤ちゃんは寝るサインと分かり、寝ようとするのです。

 

万が一、夜中に目が覚めて寝ぐずりが始まっても、再び眠りにつきやすい傾向があります。

 

赤ちゃんと音楽の関係性はリラックス効果が認められているので、いろんなタイプのCDを試してみると良いですね。

 

最近は、赤ちゃんの寝かし付けアイテムが充実しているので、お気に入りの商品を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

オルゴールや音楽が流れる絵本は、ママの声と優しい音楽と合わさってリラックス効果が抜群です。

 

歌が得意なママは子守歌を歌ってあげたり、天井がモニター代わりになる音楽プレーヤーも人気があります。

 

赤ちゃんによって静かな音楽が好きな子やリズム感があるものが好きな子など、好みも色々なので何点か試してみると良いですね。

 

赤ちゃんがお気に入りの音楽やグッズを毎日寝る前にオンにしてあげることにより、寝付きが良くなり寝ぐずりが改善されます。

 

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?のまとめ

 

今回は、赤ちゃんの寝ぐずりの期間、原因、対処法についてご紹介しました。

 

1日の終わりに赤ちゃんが寝ぐずりしてしまうと、ママは本当に大変で、疲れもピークに達しますよね。

 

赤ちゃんの寝ぐずりには、音楽やグッズを使って規則正しい生活をすると自然な眠りに誘ってくれます。

 

赤ちゃんのお気に入りのアイテムを探しながら睡眠のリズムを整えて行きましょう。

 

お昼寝の時間を調節したり、まずは出来る夜泣き対策から始めてみましょう。


page top